トレードライフを飛躍させるツール紹介

取引はリサーチと洞察力および直観力を必要とします。優秀なトレーダーは、指先で持っている知識と同じくらい優秀なだけであり、市場で勝利するには正確な情報を利用して先手を打つことが必要です。水平線が一日、一週間、または一か月であるかに関わらず情報はすぐに古くなるので、意思決定をするためには可能な限り早く情報源を入手しなければなりません。

ハイローはポートフォリオを統合的に管理する数多くの便利なチャートやレポート機能を提供していますが、熟練したトレーダーは取引をより強化するためにサポートツールおよびソリューションを利用しています。これらのソリューションは、物理的にシンプルなもの、例えば、複数ウィンドウを同時に確認するための複数モニター体制、携帯電話への通知、今後のIPOイベントや市場開始/終了時刻を知らせるアラートやアラーム機能から、より高度な分析ツールやアルゴリズムにも及びます。

取引をパワーアップするには、充実した詳細データを把握するため外部分析ツールやニュースツールを組み込むことが効果的です。知っておく必要があるトレーダーニュースを提供している日本語の便利なサイトがたくさんあります。これらのツールの利点は、望むだけ深く情報を入手できるので、市場の全体像を把握するのに利用できる点です。または、特定の企業、通貨ペア、追跡しているセキュリティについての詳細情報を深く調査することが可能です。

下記では、当社がお勧めするサイトをリストアップしました。

https://finance.yahoo.co.jp/
市場に影響を与えるイベント、企業財務報告書、関連記者会見、トレンド予測のための重要な情報を提供する、信頼できるニュースサイトです。ヤフーファイナンスはニュース速報をいち早く報道する好評判の情報源で、言語は便利な日本語を使用しています。情報は一分以内に配信され、IPOや注目すべき市場の変化、通貨変動などのトピックを扱っています。

Yahoo!ファイナンス

https://www.google.co.jp/alerts
あまり認識されていない重要な技術として、Googleのビルトインアラートサービスを利用して興味のある特定キーワードを追跡することができます。検索ランキングに新しく表示されるたびに、アラートをメール受信します。Googleの速さと幅を考慮すると、ウェブ上のどこかに掲載されるだけですぐに、キーワード通知が届きます。興味のある特定企業を追跡したり、「企業名 + IPO」で可能性のある株提供の話題をフォローすることや、「日本銀行 + 規制緩和」で国家財政の変更に関する最新指標を入手するなど、用語を組み合わせて検索することで潜在的な問題を詳しく知ることができます。

http://www.kabudragon.com/
このサイトは、一つのインターフェースでカテゴリー別にグループ分けされた、落下株チャートと上昇株チャートの統合ビューを提供しています。トップには上昇、下降、新しい株、進行中のラリーなどを素早くフィルター分けできる便利なメニューがあります。興味深いことに、特定のセキュリティを掘り下げると、関連する(同セグメントまたはセクターの)セキュリティ名を表示するクラウドチャートを呼び起こし、クリックするだけでそのページに瞬時に飛ぶことができます。

https://www.ipokiso.com/
このサイトは今後のIPOや進行中のIPOに特化しており、上場する前に新しい株提供の機会に参入することができます。新規機会に的を絞って探している場合、または主要IPOによる市場反応を確認したい場合は、こちらをご覧ください。今後のIPOの厳選に便利なランキングを提供し、短期的なパフォーマンスのスナップショットとして5年間の財務データも提供しています。また、シェア所有権とロックアップに関する詳細情報も確認することができます。

https://titan-robot.com/
直感力に頼るのも良いですが、時にはアルゴリズム的なアプローチも必要です。このサイトは「ロボット」と呼ばれるご利用のハイローアカウントと統合された自動取引ツールを提供しています。これによって、希望取引時間の間隔やプロファイル、金額、ストップ/ロスといったパラメータを微調整することができます。設定が完了すると、自動的に取引が行われ、ご利用アカウントに収益が入金され、設定時刻に終了します。手動で開始または停止して設定を変更することも可能です。

Titanオートトレーダー

https://kabutan.jp/
ヤフーファイナンスが財務関連の話題に特化しているとしたら、カブタンは株と証券を専門としています。このサイトでは、主要市場指数、ニュース速報、財務リリース、信用ランキング、流行証券の包括的なスナップショットを、すべてダイジェスト形式で提供しています。財務報告書は、各企業ページを訪問する必要がなく、表形式で直接オンサイトにて提供されています。企業や取引所で公開されているPDF版を選択した場合、スムーズにビルトインビューアでサイトに埋め込まれているので、元の文書をチェックしてダウンロードする必要はありません。

この様に、これらのツールを組み合わせることでトレードライフを更なる次元へと飛躍させることができます。是非、利用してみてください。